浴室ウロコの原状回復

公開日:

カテゴリー: 日々の出来事 | 賃貸物件  タグ:  | |


鏡ウロコ
浴室鏡や扉の白い汚れはよく【ウロコ】と呼ばれたりしますね。
 
ウロコができてしまうとなかなか落ちないので、交換になる場合も多くあります。
 
それでは賃貸の場合の原状回復として、鏡や扉の交換費用は誰が負担するのでしょうか・・・。
 
 
 
東京都で作成されている原状回復ガイドラインでは
風呂・トイレ・洗面台の水垢、カビ等について

【使用期間中に、その清掃、手入れを怠った結果、汚損が生じた場合は
借主の善管注意義務違反に該当すると判断されることが多いと考えられる】

として借主負担と考えられています。

 
東京都原状回復ガイドライン
 
鏡ウロコの成分は、水道水に含まれる炭酸カルシウムや
マグネシウムなどのミネラル成分です。
シャワーなど水滴として落ちていく軌跡に残った水垢を
そのまま放置しておくとウロコになってしまいます。

 
鏡や扉の交換となるとその費用も大きくなり負担も大変です。
 
予防法は簡単ですので、実践(習慣化)してくださいね。

 
————————————————————————

 
ウロコができないように予防する方法

 
【水滴をその都度拭いておく】

 
鏡を拭く