ペットによる汚れ ―賃貸物件―

公開日:

カテゴリー: 日々の出来事 | 賃貸物件  タグ:  |


賃貸物件の募集条件で【ペット可】の物件は人気があります。
猫や犬、特に猫を飼っている、飼いたいというかたが、ここ最近多いように思います。

貸主様でペットを飼われている方も多いので、この場合、物件の募集条件として
【ペット可】または【ペット相談】というかたちで募集をする場合がありますが、基本的に
【ペット不可】という物件が、多いかと思います。

なぜ【ペット不可】にすることが多いのでしょうか。

借主様の飼育方法によって、お部屋の汚れ具合が異なってきますが、下記写真は
フローリング床に残ってしまったペットのトイレ跡です。
トイレが上手くできなくて、床に跡がついてしまい、ニオイが残ってしまいました。



フローリングの場合、一部張替をすることができないため、全部張替になります。
しかしながら、借主様が負担をするのは汚した面積分で、他は貸主様が負担しなければなりません。

貸主様も入居者のニーズにそって【ペット可】【ペット相談】としたくても、現実的な所を
考えると、なかなか踏み切ることができないのです。


借主様でペットのトイレ環境やペットが汚してしまったり、壊してしまわないように事前に保護(床の上にシートを敷く、壁をペットが引っ掻かないように対策をするなど)をすることもできます。

借主様のちょっとした気遣いで、貸主様も安心して貸すことができます。