◆住宅ローン 実は安心?団体信用生命保険の加入

公開日:

更新日:2020/11/13

カテゴリー: 住宅ローン関連



「何千万円というお金を借りるのが不安」「返済ができなくなったら困る」といった不安やイメージを持たれる方もおりますが、実は賃貸より安心かもしれません。

保険

住宅ローンを借入する場合、基本的には「団体信用生命保険(団信)」に加入することになります。

ここが賃貸とローンを組んだ時の大きな違いです。

団信でローンが無くなると、税金(マンションの場合は、管理費・修繕積立金も必要)だけ支払っていれば、家賃が無い状態で住む場所を確保できますし、売却をして一時金を得るという選択肢も出てきます。

ところが、賃貸の場合は同じ賃料を払い続けなければなりませんので、収入が減った分、生活は苦しくなります。

病気

しかも団信はフラット35を除けば、ほとんど場合、保険料を金融機関等が負担をしてくれますし、「死亡時」だけでなく「高度障害」になった場合でも保険金が下りる場合があります。

「両目の視力を永久に失った」「言語障害になった」「手足を欠損した」等、保険会社によって適用になる条件に違いがあると思いますので、団信の告知書を記入する際(加入審査時)に渡される書類に目を通して、保管をしておくと良いでしょう。

家族

また、前述のような保険請求をする状況というのは、債務者(団信加入者)が金融機関等と連絡が取れない状態である可能性が高いことを考慮して、保険の内容や連絡先などを家族で共有しておく必要があります。

ときどき、奥様がご主人にまかせききりにしていて、ローンや保険の加入状況等をまったく把握していないなんてこともありますので、「万が一の時はこのファイルを見れば分かる」といった風にしておくのも一つの手かもしれませんね。

最後に、住宅ローンの審査は通ったけれど、持病があった為、団信が通らなかった・・・という場合、一般的にはローンが組めません。

薬

そうなると、もうローンを組めないのか?というと、そういう訳でもありません。

金融機関によっては、追加で保険料を自己負担すれば団信に加入できたり、奥様が連帯保証人になることで、団信に加入しなくても借入をすることができる場合もあります。

しかし、高額な借入をすることを考えると、追加費用を支払ってでも団信には必ず加入し、生命保険等でリスクを担保できる場合を除いて、加入できないのであれば、借入自体を見直すべきではないかと思います。
 

 

東京都北区 不動産 トウリハウジング 会員登録