◆不動産売却 お問い合わせが少ない原因は?

公開日:

カテゴリー: 不動産売却


不動産の売却を開始して、順調に内覧予約が入る場合と、なかなか内覧に至らず、売却までに時間が掛かってしまう場合があります。

各不動産によって、何かしらの特殊な原因(例えば擁壁の下にあるとか)があることが原因である場合もありますが、都内だと大抵の場合は、価格設定が相場よりも高いことが原因であることが多く、ある程度価格を下げれば反響も増えてきますし内覧数も増えてきます。

しかし、売却する側からすれば、適正価格の範囲内であっても、少しでも高い金額で売りたいというのは当然です。



たまたまその不動産を気に入った人がタイミング良く見つかれば、相場よりも高い金額でも売れてしまうこともありますから、相場よりも少し高い金額から売却をスタートし、反響を見ながら価格を少しずつ調整していくというのは、よく行われる手法です。

ただ、高めの価格からスタートしたはずなのに、最初の価格が印象に残ってしいまい、そこから価格を下げたくなくなってしまう方が、時々いらっしゃいます。



時間が経てば、物件を気に入ってくれる人が見つかる可能性も出てきますが、相場自体の価格が変動してしまう場合もありますし、「売れ残り物件」という印象が付いてしまう可能性もありますので、当初の査定金額を念頭に置いたうえで、状況を判断しながら、柔軟に調整をしていくことが必要です。


「北区の不動産に関するご相談」はこちら
不動産の売却相談承ります


こちらから弊社LINE公式カウントにご登録いただけます。
ご登録をいただくと、定期的に「北区・板橋区」の物件情報を受け取ることができる他、チャットで「お問い合わせ」や「資料請求」「不動産についての相談」が可能になりますので、是非「お友達登録」下さい。


【スマートフォンの方はこちらから】

友だち追加


【パソコンの方はこちらから】

※上記QRコードをスマートフォンで読み取ってご登録下さい。