便座が割れてしまったら・・・

公開日:

カテゴリー: 日々の出来事 | 賃貸物件  タグ: 


賃貸物件で便座(便器ではありません)が割れてしまった場合、修繕の費用は借主様が持つのか貸主様が持つのか・・・。

もちろん借主様の使用方法に問題があれば借主様の負担で修繕していただくようになりますが、普通に使っていて割れてしまった場合、貸主様にご相談して修繕していただくことが多いです。

便座にも耐用年数があるようですが、ネットなどで調べると一般的に10年くらいといわれています。

トイレ便器自体の耐用年数が15年くらいといわれていますが、陶器であれば割れなければもっと長く使えるものかと思います。便座がそれより短いのはトイレを使う頻度や使う方の体の大きさなどにもよるかと思いますが、便座を上げ下げすること、そして、座ることで圧がかかるので消耗品に近い扱いになるのかな、と思います。

賃貸管理で便座が割れて交換をした経験は2回ほどで、そんなに頻繁に起こることではありませんが、割れるのは便座だけではなく、便座をとめるナットの破損もあり、便座が左右に動いてしまい、使えない、ということもあります。

トイレ、便座

トイレ、便座

便座は便器に2か所穴があいていて、そこに固定ナットを差し込んで付けます。
固定ナットの位置はどのメーカーも一律で、どこのメーカーの便座もつけることができるようになっています。

ただし、便器の大きさによって便座のサイズは違ってくるようなので、縦と横のサイズを測って購入することをおすすめします。

トイレ、便座

トイレ、便座