◆不動産相談に必要なものは?

公開日:

更新日:2022/05/28

カテゴリー: 不動産売却


不動産売却の相談で不動産会社を訪問しようとした時、何を持って行けば良いのでしょうか?

もちろん、お話をお聞きすることで大体の状況は把握できるのですが、あるとより正確な状況の把握をすることができる書類を列記してみました。

ただ、下記のものは、絶対に無いと駄目というものではなく、できればあった方が良いものです。
仮に、1つも無いとしても不動産の所在地だけ分かれば、とりあえずは大丈夫です。



<購入時の資料>
不動産をご購入された時に「不動産売買契約書」や「重要事項説明書」、またそれに付随する書類を多く渡されていると思います。

これらの書類があると、物件所在地の特定も容易にできますし、購入時に伝えられた注意すべき内容も確認することができます。

特に、登記簿謄本(全部事項証明書・現在事項証明書)だけでもあると良いです。


<測量図・境界図>

購入後にご自身で測量を行った場合や建築会社が測量した図面、隣地所有者から境界確定の為に渡された境界図など、地積に係る書類があると非常に助かります。
今後、ご自身で確定測量をする場合にも役に立ちます。


<借地の場合>
その土地を借りている条件や期間を知るための大切な資料になりますので、「土地賃貸借契約書」は重要な書類になります。
できれば、お持ちいただきたい書類です。


<その他の資料>
マンションの場合ですと「分譲時のパンフレット」や「管理規約」「管理費・修繕積立金が分かる資料」など、戸建の場合ですと、「隣地との協定書」や「通行掘削承諾書」などがあると状況を確認しやすくなります。


<権利証・登記識別情報通知書>
通常、ご相談時点でこちらの資料は必要ありませんが、何も資料がお手元に無い場合は、コピーをお持ちいただけると、物件の特定がしやすくなります。


<固定資産税・都市計画税の納税通知書や領収書>
初回ご相談時には無くてもかまいません。
売却の依頼後に必要になる場合があります。


<認印>
こちらも初回は特に必要ありません。
実際に売却の依頼をする際には、媒介契約書に捺印をするために必要になります。


「北区の不動産に関するご相談」はこちら
不動産の売却相談承ります


こちらから弊社LINE公式カウントにご登録いただけます。
ご登録をいただくと、定期的に「北区・板橋区」の物件情報を受け取ることができる他、チャットで「お問い合わせ」や「資料請求」「不動産についての相談」が可能になりますので、是非「お友達登録」下さい。


【スマートフォンの方はこちらから】

友だち追加


【パソコンの方はこちらから】

※上記QRコードをスマートフォンで読み取ってご登録下さい。