漏水の原因を見つける

公開日:

カテゴリー: 日々の出来事 | 賃貸物件  タグ:  |



漏水はどこから水がでてきてしまっているのか原因を突き止めるのが大変です。

先日、入居者様より【分電盤から水が漏れている】と連絡がありました。
確かに写真でみても分電盤から水が落ちています。



早速お邪魔して、分電盤がある箇所が浴室の近くだったので、浴室の点検口から天井裏を覗いてみました。

天井裏はこのお部屋の上水管(浴室へ流す配管)も通っていたのですが、特に漏れてはいませんでした。周囲をくまなく見てみると、天井裏の天井(コンクリート部分)が濡れていることがわかりました。それに水がポタポタと落ちています。



分譲マンションの一室だったのですが、このことから上階からの漏水であることがわかりました。
早速、上階のお部屋に確認に行くと特に上階のお部屋の中で水が溢れている、ということはありませんでした。

調べてみると原因が判明しました。
キッチンの排水管と床からでている排水管の接続が外れてしまい、床下で水が漏れていたようです。
上階の方も床下で起こっていることだったので気が付かなかったようでした。

床や天井を開口せず、漏水の原因が判明し、また配管の劣化などで漏れていた、ということではなかったので、復旧にも時間はかからないものになりました。

今回の修繕内容とは異なりますが、分譲マンションの場合、配管の劣化で漏水があった場合、その配管が占有部分としてみなされるのか共有部分とみなされるのか、管理会社への確認が必要です。占有部分であればお部屋の所有者が修繕し、共有部分であれば管理組合で修繕を行います。火災保険に加入されていれば配管修理自体の費用はでないことが多いのですが、漏水で被害がでてしまった部分(床や壁など、また階下への被害分)の修繕費用などは対象になりますので、保険会社に相談してみると良いですね。