給湯器の電源

公開日:

カテゴリー: 日々の出来事 | 賃貸物件


先日、ニュースで給湯器が品薄で新規設置や交換ができなくなっていることが報道されていました。凍結などでお湯がでない、ということもあるようなので、事前の対策(少しの間お水を出し続けるなど)が必要なようです。

給湯器の耐用年数は10年と言われています。
10年を超えると不具合、不調がでてくる時期と考えておいたほうが良いのかもしれません。

給湯器電源

給湯器がつかない、給湯リモコンが表示されない、ちょっと様子がおかしいと思った時は、給湯器の近くのコンセントに電源プラグが差し込まれていますので【電源プラグが外れかけていないか】または【ブレーカーが落ちていないか】確認してみると良いかと思います。

ただ建物によっては電源プラグがなく、直接配線されている場合があります。

給湯器

この場合は【ブレーカーが落ちていないか】のみの確認になりますが、実は給湯器内部にも漏電ブレーカーが設置されています。通常の漏電ブレーカーと同じような役割をしますので、こちらのブレーカーが落ちてしまっていることもあります。

ただし、給湯器内部はやたらと開けることはできませんので、業者さんに見てもらうのが良いかと思います。