◆オーナーチェンジ物件は高く売れない?

公開日:

カテゴリー: 不動産売却 | 日々の出来事


不動産を探していて「オーナーチェンジ物件」と書かれた物件を、見たことはないでしょうか?

特に、1Rや1LDKといった面積の小さい物件になってくると、居住用の物件よりも、オーナーチェンジ物件の方が多いくらいです。

一般的に「オーナーチェンジ物件」とは、賃借人が既に入居している状態の物件のことを指し、入居者との賃貸借契約を引き継ぐことが前提条件となります。



つまり、「オーナーチェンジ物件=賃借人付きの収益物件」です。

収益物件を探している投資家の方にとっては、空室の物件を購入して、自身で借り手を探すよりも、既に賃借人が入居しているオーナーチェンジ物件の方が効率が良く、利回りが最初から分かっている点でも、計画の立てやすいと言えます。

一方、売却をする側から見ると、オーナーチェンジ物件として売却をする場合には、ある程度、利回りを考慮した値付けが必要になってきます。



利回りが良くなるように売却価格を設定した方が、売れやすくはなりますが、居住用物件として販売するよりも設定価格が安くなってしまう傾向にあります。

逆に、居住用物件としての売却価格だけを考えて、価格設定をしてしまうと、利回りが悪くなってしまい、売れづらくなる場合もあります。

上記のことを考慮すると、可能であれば賃借人が退去したタイミングで販売をした方が、高く売れる可能性があると言えます。

しかし、賃借人が、いつ退去するのか分かりませんし、売却の時期や景気、不動産動向等によっても価格は変動しますので、総合的な判断が必要です。






こちらから弊社LINE公式カウントにご登録いただけます。
ご登録をいただくと、定期的に「北区・板橋区」の物件情報を受け取ることができる他、チャットで「お問い合わせ」や「資料請求」「不動産相談」が可能になりますので、是非「お友達登録」下さい。


【スマートフォンの方はこちらから】

友だち追加


【パソコンの方はこちらから】

※上記QRコードをスマートフォンで読み取ってご登録下さい。