◆一畳は何平米?、1坪の広さは?

公開日:

カテゴリー: 不動産の豆知識


生活の中で、数値を表す単位は色々ありますが、その時代や地域、慣習などによって、使い分けがされてきました。

例えば、ゴルフであれば距離をヤード(1ヤード=0.914m)で表現しますし、建築業界ではcm(センチメートル)はあまり使用せずにmm(ミリメートル)を使って表現(50cmとは言わずに500mmと言います)します。



現代において、生活の中で最もよく使われている単位は、m(メートル)やcm(センチメートル)、Kg(キログラム)、g(グラム)、L(リットル)といった単位で、18世紀末のフランスにおいて、全世界共通で使用できる標準的な単位として制定された「メートル法」によるものです。

その為、日本で昔から使われてきた間(けん)、尺(しゃく)、寸(すん)といった単位は、建築業界や不動産業界等の一部で使用されていることを除けば、ほとんど使用することが無くなってしまっています。

1間(約1.82m)=6尺
1尺(約303.03mm)=10寸
1寸(約30.303mm)=10分(ぶ)

ただ、年配の方などには、押入れや窓の大きさを現すときに、1間、半間(はんげん)といった言い方をされる方は、いらっしゃるかもしれませんね。



不動産業界においては、平米数での表示の他に、土地であれば坪(つぼ)、部屋であれば、畳(帖)で広さを表すことが多くあります。

1畳(帖)の大きさは曖昧で、京間や関東間といったサイズの違いもあったり、今では団地サイズの畳まであるので、広さは統一されていません。
ただ、一般的には1畳(帖)1.62平米とか1.65平米で計算すること多いようです。

1畳(帖)=約1.62平米
1坪=約2畳(帖)






こちらから弊社LINE公式カウントにご登録いただけます。
ご登録をいただくと、定期的に「北区・板橋区」の物件情報を受け取ることができる他、チャットで「お問い合わせ」や「資料請求」「不動産相談」が可能になりますので、是非「お友達登録」下さい。


【スマートフォンの方はこちらから】

友だち追加


【パソコンの方はこちらから】

※上記QRコードをスマートフォンで読み取ってご登録下さい。