◆壁に付けたフックが外れてしまったことありませんか?

公開日:

カテゴリー: 不動産の豆知識


皆さんは壁に時計や絵を掛けようとして、ビスを打ったけど、うまく取り付けられなかった、すぐに取れてしまったということは無いでしょうか?

これは、その下地に使われている建材が、石膏ボード(プラスターボード)と呼ばれる、石膏を固めて表面に紙を貼ったものが使用されているからです。

石膏ボードは、安価で加工がしやすく、取り付けも簡単なため、広く普及している建材で、多くの家や施設の内壁に利用されています。



例えばベニヤ板を壁面に貼ろうとすると、梁型や柱型に合わせて加工をする際には、ノコギリを使用する必要ありますし、貼り付ける時にもビス1本1本を打つのに時間が掛かります。

一方、石膏ボードだと、加工はカッターで切り目を入れてから少し力を入れて押してやれば、きれいにカットすることができ、取り付けもビスが簡単に貫通するので、短時間で貼り付けが可能です。

また、材質が石膏であるため、火に強いという特性もあります。

しかし、デメリットもあります。
強度があまり無いので、強い衝撃を受けると、割れたり、穴が空いたり、潰れたりしてしまいます。

水にも弱く、一度、水分を含んでしまうと脆くなります。



そして冒頭にも書いた様に、点で支持するフックやビスは効きません。
(下地にまで届いていれば、支持できる場合もあります)

石膏ボードが下地の場合は、石膏ボード用のフックやトグラー(ビス止め用の埋め込み部品)、ボードアンカーなど、様々な商品が販売されていますので、用途に合わせて選ぶのが良いです。



もし、下地が石膏ボードかが分からない場合は、針などを刺してみて下さい。
簡単に貫通するようであれば、石膏ボードが下地です。
仕上げが壁紙なら、針を抜いた跡が目立つこともありません。






こちらから弊社LINE公式カウントにご登録いただけます。
ご登録をいただくと、定期的に「北区・板橋区」の物件情報を受け取ることができる他、チャットで「お問い合わせ」や「資料請求」「不動産相談」が可能になりますので、是非「お友達登録」下さい。


【スマートフォンの方はこちらから】

友だち追加


【パソコンの方はこちらから】

※上記QRコードをスマートフォンで読み取ってご登録下さい。