◆固定資産税は毎年かかります

公開日:

カテゴリー: 不動産売却


今年も、もうすぐ固定資産税の請求が来る時期になってきました。

ご存知の通り、「固定資産税・都市計画税」は、不動産を所有していると毎年掛かる税金です。

  

所有している不動産の広さや大きさ、立地等により、税額は変わってきますが、基本的に土地が広く、建物が新しい方が税額は高くなります。

自身が所有している居住地だけでなく、相続などで他にも不動産を複数持っている方には、支払い額も多くなり大変です。

ただ、土地上に建物(住宅)がある場合には、減税されて税額が安くなりますので、「空き家でも解体をせずにそのままにしている」という方もいらっしゃいます。



それでは、どれくらい税金が安くなるのでしょう。

小規模住宅地(土地面積が200平米以下)なら固定資産税が6分の1(それ以外は3分の1)、都市計画税が3分の1(それ以外は3分の2)になります。

かなり安くなります。



しかし、空き家が「特定空家等」に認定されてしまうと、上記の「住宅用地の特例」が使えなくなってしまいます。

税金以外にも、維持管理費などもかかってきますので、できるだけ有効活用をするべきですが、「投資はしたくない」「手間がかかるのは嫌だ」という場合には、売却してしまうのも一つの手です。


「土地の処分に関する相談」はこちら
不動産の売却相談承ります


こちらから弊社LINE公式カウントにご登録いただけます。
ご登録をいただくと、定期的に「北区・板橋区」の物件情報を受け取ることができる他、チャットで「お問い合わせ」や「資料請求」「不動産相談」が可能になりますので、是非「お友達登録」下さい。


【スマートフォンの方はこちらから】

友だち追加


【パソコンの方はこちらから】

※上記QRコードをスマートフォンで読み取ってご登録下さい。