ピピッと鳴ったら・・・

公開日:

カテゴリー: 賃貸物件


火災警報器は2006年6月から設置が義務化されています。
電池式の場合の電池持ちは約10年です。

火災警報器が【ピッピッ】なると電気切れのサイン。

火災警報器を開けると電池が入っているので、電池を交換すれば良いのですが、この電池が意外とお高い。

1,200円~2,500円と幅が広いのですが、このくらいの金額がします。

火災警報器によっては生産終了のものもあり、対応する電池がない、ということもあり得ますので、弊社では新しい火災警報器に交換をおすすめしています。