再建築不可の戸建を買い取り

公開日:

更新日:2021/12/31

カテゴリー: 不動産売却  タグ:  | |


相続した戸建を処分したいという相談がありました。

その戸建は、相談者の実家で築50年ほど経っているということです。前面道路は隣の家の軒下を通っていくような幅1m弱の道で、建築基準法上の道路ではありません。建築基準法の道路に面していないので、再建築不可ということになります。

築50年の建物と聞いたので、実際に建物を見るまでは相当傷んでいる建物をイメージしていたのですが、状態は良かったです。

建物解体

壁に何か所かシミがあったので、もしかすると雨漏りしているのかもしれません。
雨は屋根からとは限らず、外壁から入ってくることもあります。むしろその方が多いかもしれません。
以前、買い取りをした中古戸建は外壁から雨漏りがあって、そこから外壁の内側を通っていました。土台や間柱がほぼ腐っていて、シロアリの被害もありました。でもその中古戸建は、室内を見たときには気が付かず、所有権移転してリフォームのため内側の壁を壊したときに見つかったのです。

この時に売主様に負担をかけないように雨漏りやシロアリの被害が契約後見つかった場合でも、「売主様はその責任を負わない」ことを契約書に折り込んでいます。

ちなみに、今回の建物も買わせていただきました。シロアリの被害は少なかったのですが、雨漏りはやはりありました。

再建築不可の戸建も買取りをしています。売れないんじゃないか、と悩む前に、お気軽にトウリハウジングへご相談ください。

売却相談の申し込み