◆公道と私道の違いは?

公開日:

カテゴリー: 不動産の豆知識



「公道」と「私道」の違いについて、簡単にまとめてみました。


公道
==========

国や市区町村が所有している土地だけでなく、個人が所有している土地であっても、公道扱いになっている道路もあります。

また、法務局に保管されている地図(公図)に「水路」と記載されている所が道路に変わっているところも多くあります。

行政で管理がされている道路である為、維持管理は行政が行っており通行承諾なども必要が無く、掘削等を行う場合は、行政に申請を行います。

私道に比べると公道の方が、掘削や復旧に費用が掛かることが多く、街路樹やガードレールなどが障害になる場合には、この撤去(移設)費用が掛かることもあります。

東京都北区豊島 王子消防署前


私道
==========

個人や複数人で所有している道路で、基本的には所有者が管理を行います。
行政によっては、要件を満たせば補修費用を助成しているところもあります。

私道の場合、持ち分を持っていないと車両等の通行制限を受ける場合がありますので、持ち分を持っていることは非常に重要です。

しかし、私道の持ち分を持っていても、私道内の掘削等を行う時は、所有者全員の承諾が取得できていることが望ましく、承諾が取れない場合、工事等に支障が出る可能性もあります。

売地

 

 

東京都北区 不動産 トウリハウジング 会員登録