不動産売却の時の査定方法

公開日:

カテゴリー: 不動産売却  タグ:  | |


不動産の売却査定を依頼する時に知っておきたい、売却査定の方法についてご紹介します。
不動産会社の査定には2つの方法があります。机上(きじょう)査定と訪問査定です。


2つの方法で査定をした査定価格は違います


それでは、机上査定と訪問査定違いについてご説明いたします。

売却査定


机上査定とは、売却する不動産を実際には訪問しないで文字通り机の上で、おおよその価格を算出する査定方法で、「簡易査定」という場合もあります。


机上査定では、物件の所在地、土地や建物の面積や築年数などから近隣の類似物件の過去の売買価格をもとに査定価格を算出します。


もちろん長年不動産の取引をしてきたプロが、今まで取引されたたくさんのデータを基にして算出します。

机上査定は物件の住所などの情報をメールで伝えるだけで、わざわざ不動産会社へ出向く必要はありませんし、資料も不要です。不動産会社も訪問をせずに机上で査定価格を算出するので、早ければ依頼した当日に査定価格の連絡が来ることもあります。机上査定は気軽に査定依頼ができるというメリットがあります。

しかし、不動産会社も実際に物件を見ないので、もう一つの方法の訪問査定と比較すると正確さは劣ります。

例えば戸建なら、同じ築年数でも建物が建っている場所やメンテナンスの状況によって、大きく異なります

ですから机上査定による査定価格は参考価格として考えていただくのが良いです。

次にもう一つの訪問査定は、机上査定と同様に近隣のデータなど多くの情報に加えて、実際に現地を確認した内容を基に査定価格を算出する方法です。

売却査定

室内の状態だけでなく、周辺環境や道路付け、日当たりを確認したり、マンションであれば共用部分なども確認したりして、査定します。

訪問査定を依頼する時には、間取り図などできる限り物件に関する資料を用意して、物件に関して知っている情報もすべて伝えることが重要になります。

たとえば雨漏りやシロアリの被害、設備の不具合や過去の事件・事故について査定価格に影響します。売却した後に判明すると大きなトラブルになることもありますので、訪問査定では知っていることはすべて話すようにしましょう。

机上査定でも訪問査定でも、売却査定をご希望の場合は下の画像をクリックして下さい。
不動産売却の相談