リースバック方式で買取り

公開日:

更新日:2021/04/07

カテゴリー: 不動産売却に関する記事  タグ:  | | |


今回の依頼者は、5年ほど前にマンションを買って、家族3人でお住まいになっていました。
ところが数か月前に体調を崩してしまい、勤めていた会社を退職して、現在は療養中ということです。
購入してからまだ5年しか経っていないマンションを売却して、生活費に充てたいというご相談でした。
そこで売却する場合の査定価格を、算出して依頼者にご提案したのですが、依頼者も依頼者のご家族も現在の住まいは、とても気に入っていて「できればここに住んでいたい」という気持ちが強かったことと、「健康になったらまた働いてもう一度自宅を買いたい」という考えだったので、私たちは依頼者にリースバックの提案をしてみました。

リースバック

私の説明を聞いて依頼者は、自宅を売却して売却代金が入ってきた後も、そのまま自宅に住み続けることができるという点と、また働き始めた時に、自宅を買い戻すことができるという点が気に入って、自宅を売却するのではなくリースバックで話を進めることになりました。
リースバック方式は、すべての方にとって良い売却方法ではないと思いますが、今回の依頼者のような場合には、リースバックが適していると考えます。