買い替えは売り買いどちらから?

公開日:

更新日:2021/12/29

カテゴリー: 不動産売却  タグ:  | | |


「今住んでいる家が手狭になったので、買い替えをしたい」など、新しい家を探す場合、同時に自宅の売却を進めなければなりません。

購入と売却を同時にできるのが理想的だと思いますが、気に入った物件が見つかることと自宅を気に入って下さる方が現れるのが、同時期になるというのは、自分だけでは決められないことで、確率はそれほど高くありません。

ですから実際には、売りか買いのどちらか先に進めることになってしまいます。

家が見つかってから売却を始めるか、それとも売却が決まってから新しい家を探すのか。

どちらの方が良いでしょうか?

不動産購入に当たって頭金をたくさん用意できて住宅ローンをあまり借りなくても良い、年収が多くて現在の住宅ローンとダブルで返済しても支障がない、またすでに自宅に住宅ローンの残債がないなど。このような方は先に購入する物件を見つけて、引越をしてからご自宅の売却をしても問題がないと思います。

でも、売りを先行するのか、買いを先行するのか迷っている方には、売り先行がおススメです。

不動産売却の相談

先ほども書きましたが、気に入った物件が見つかるのと自宅を気に入ってくれる方が現れるタイミングがズレることがあります。

できれば避けたいですが、売却を先に進めて、もし買いたい物件が見つからなかったときは、仮住まいが必要になってしまう場合もあります。

それでも、売り先行をおススメするのは、先に自宅の売却ができれば、用意できる頭金が確定して資金繰りが確実になるからです。

買いを先行させた場合、自宅の売却ができなければ住宅ローンの返済がダブルになってしまう可能性がありますし、それを早く解消しなければならないという気持ちから売り急いで、予定しているより安い価格で売却することになってしまうことも考えられます。

売り先行の場合には、多くの方はお住まいになったまま売却をすることになると思います。

お住まいになったまま売却をする場合、内見のタイミングを逃したくないので、長期間旅行などで家を空けることができませんし、いつ内見があるか分からないので、家の中をきれいにしておかなければならないなどストレスもあると思います。

また内見する方にとっても引越しをして空き家になっていた方が、気兼ねすることなく、自由に家の中を見ることができますし、

家財があると家の中が狭く感じたり、雑多なイメージを受けたりすることもあるかもしれません。でも、そこは家具や小物で、すてきな生活をイメージさせることができますし、住んでいるからこそ分かるおすすめのポイントを直接伝えることもできますので、住んだまま売却することはデメリットばかりではありません。

お客様の状況によって、買いを先行した方が良いのか、売りを先行しても良いのか異なります。また、お住まいになったまま売却する場合の見せ方などもあります。

私たちはお客様一人一人に合った不動産売却を心掛けています。
どうぞお気軽にご相談ください。

不動産売却の相談