電柱の引越し

公開日:

カテゴリー: 不動産売却  タグ:  |


以前弊社が購入した後に、建物を取り壊して建売にしたのですが、建物のプランを作ったら、ちょうど駐車場になる場所の前に電柱が立っていました。

不動産を売却している方、またこれから売却しようとお考えの方の中にも、あるいは売却しなくても家の前に電柱があって困っているときは、参考にしてください。

その土地を購入した時は、築年数が古い空き家が建っていました。その建物を解体・更地にして、建売住宅を建てる計画でした。

その土地の前には、東京電力(※)の電柱が立っていて、建物の参考プランを作ったところ、ちょうど車庫にしようと思っているところの前に電柱が来てしまうことが分かりました。

そこで東京電力にこの電柱を移設してもらえるか、連絡をしました。

電話をしてから数日で現地を見に来てもらいました。弊社が希望する位置を東京電力に伝えて、隣地や向かいに挨拶をして、移設の了承をもらいます。周囲の方のご了解をいただけたら東京電力へ移設の申請をします。それから東京電力が電柱を移設できるかどうか、強度の計算をします。

電線というのは結構重くて、その電線の重みで電柱が引っ張られます。そのうえ風が吹くとその電線が左右に揺れるので負荷がかかります。そのため、移設したあと電柱がそれに耐えられるか強度の計算をするのです。

電柱

計算の結果、移設しても問題ないことが分かって、工事が始まりました。
まず新しい電柱を立てます。現在立っている電柱に設置されているそれぞれの会社の電線や変圧器などを新しく立てた電柱へ移した後に、それまで立っていた電柱を抜いて、道路整備をして完了です。

電柱の所有者にお願いをしてから数か月はかかりますので、売却する場合などは、早めに動いた方が良いです。
場合によっては、費用が発生することがありますので、あらかじめ確認しておきましょう。

※街に立っている電柱は、東京電力のほかにも、NTTやKDDI、町内会の電柱もあります。大部分は東京電力かNTTですが、1本の電柱には電気、電話、ケーブルテレビなどの電線が共架されています。電柱の移設をお願いするのは電柱の所有者です。電柱にはプレートが貼ってあり、そのプレートに表示されているのが所有者です。

複数のプレートが貼ってある電柱もあります。この場合は地面に最も近いところに貼ってあるプレートに表示されているのが所有者です。

電柱を移設するだけで、不動産が売りやすくなることもあります。
不動産の売却をお考えの方は、弊社トウリハウジングにご相談ください。

下記のフォームからご登録ください。

売却相談・無料査定