不動産売却の相談窓口|トウリハウジング

不動産売却の相談窓口
よくある質問
売却・買取実績  買取りサービス  トウリハウジングに依頼するメリット 

不動産売却のご相談で多いのは【相続】

不動産を売却しようとお考えになる理由には、いろいろあると思います。例えば、

  • 相続した不動産の処分
  • 空き家になった実家を処分
  • 資産の整理
  • 医療費や施設の費用捻出のため
  • 買い替え
  • 現在の住まいを処分して地元に帰る
  • 金銭的な理由
  • 離婚


それらの中でも、特にご相談が多いのは相続です。相続人の方がすでに別の場所にお住まいになっていたり、相続人の方が遠方でご実家の管理ができず、空き家になるケースが多いようです。
また相続人だけではなく、所有者が認知症などで、選任されている成年後見人からのご相談も多く、年々不動産の処分にお困りの方からご相談を承る件数が増えています。

トウリハウジングの売却実績

弊社は北区赤羽にありますので、北区の不動産売買が多いです。
日本全国に店舗がある大手の不動産会社とは違い、北区やその周辺に限られてしまうので、取引の数は少ないですが、長年このエリアで取引をしているので、このエリアにおける情報については他社にはないものをご提供することができます。その実績をご覧ください。

【下記一覧の面積について】
土地の場合は土地面積 
一戸建の場合は土地面積・建物面積
マンションの場合は専有面積
を記載しています。

所在地 種類 面積 間取 価格帯
北区神谷 戸建 67㎡・96㎡ 2SLDK 3800万円
北区赤羽 マンション 61㎡ 3LDK 4400万円
北区豊島 土地 70㎡ - 更地 3700万円
北区志茂 土地 66㎡ - 更地 3000万円

北区志茂

借地権付戸建 60㎡・92㎡ 3LDK 3200万円
売却事例

トウリハウジングに依頼するメリット

年々、増えてくる不動産売却相談のお客様からお話を伺って感じるのは、私たちが北区で取引している件数が多いこと、そして過去に取引して下さったお客様からのご紹介が増えていることがその理由だと思っています。
仮に利用しない資産であっても、やはり不動産の売却という大きな取引に際して「広告で知っているだけ」というより、ご自身の回りにいらっしゃる不動産売却の「経験をされた方からの口コミ」を信用される、ということだと思います。

そしてこのように考えるのはエンドユーザーだけではありません。お客様からいろいろな相談を受けることが多い弁護士・司法書士・建設会社・介護施設や最近では同業の不動産会社からのご紹介も増えています。

繰り返しになりますが、売却する時に、北区で不動産をお探しのお客様が多いことは、相談する上で大きな理由になります。

例えば下記のような不動産を探しているお客様がいらっしゃいます。

◎赤羽駅徒歩15分まで 20坪くらいの土地、所有権
◎赤羽駅徒歩10分以内、ペット飼育可、マンション
◎赤羽駅西口側、3LDK+車庫付、中古戸建
◎赤羽駅東口側、3LDK、マンション
◎なでしこ小学校学区域、マンションor中古戸建
◎二世帯住宅建築用25坪以上の土地、借地でも可

トウリハウジングの買取サービス

もう一つお客様からのご相談が増えている理由と考えているのが、私たちが直接不動産の買取りをしていることです。


お客様の中には、

「近所に売りに出していることを知られたくない」

「売却を急いでいる」

という方もいらっしゃいます。そのような場合には、私たちが直接、お客様の煩わしい部分をすべて請け負って買い取りを致しております。

私たちがお客様の不動産を直接買取ります。

【このような方におすすめです】

  • とにかく早く、安全・確実に現金化したい
  • 内覧など面倒なことは避けたい
  • 離婚のため、早急に資産整理をしたい
  • 相続のため売却して、相続人同士で清算分配したい

【トウリハウジングへ売却するメリット】

  • 近所に知られることなく売ることができます。
  • 私たちが買主ですので、仲介手数料がかかりません。
  • 現金が入ってくる日にちが確定します。
  • 売却後、雨漏りやシロアリの被害などがあっても売主様の責任を問いません。

【私たちが費用を負担します】

  • 建物の解体・家財の撤去
  • 相続登記の費用
  • 契約時の収入印紙代
  • 売主様の住所移転や抵当権抹消費用

【トウリハウジングへ売却するデメリット】

・ 市場相場価格より売却価格が低くなります
 価格は、不動産によって異なりますが、一般的に市場価格の70%~80%程度になります。

 

買取事例

私たちが過去に買取りさせていただいた不動産の売却理由など、参考までにご覧ください。

所在地 売却理由
北区王子本町 戸建 相続した空き家が再建築不可で劣化が激しかった
北区志茂 借地権付戸建 古いアパートで収入が少なく、修繕もかかるから
北区赤羽西 戸建 借入金を滞納していた
北区滝野川 戸建 自宅を売却することを近隣に知られたくない
北区滝野川 借地権付戸建 仲介で売りに出したが1年以上売れなかった

※こちらには北区内の物件を掲載しておりますが、近隣のエリアでのお取引数もございます。下記の買取事例もご覧ください。

買取事例 詳細一覧

司法書士や税理士などの専門家とタッグを組んで取り組みます

不動産売却のご相談で多いのは、相続した不動産の売却相談というのは、初めにお伝えした通りです。

平成20年度の北区の空家実態調査では住宅総数の10%が空家という衝撃的な結果が出ています。
10年以上前の調査結果なので、現在はさらに増えていると考えられます。

私たちは不動産売却の総合窓口として、相続などの登記でご紹介できる司法書士の先生、相続や売却で発生する税金についてご相談できる税理士の先生方とタッグを組んで取り組んでいます。不動産に係わることは何でもご相談ください。

専門家とタッグを組んで取り組みます

不動産売却関連ブログ

 

 

不動産売却でよくあるご質問

Q1.不動産が売れる価格によって、どうするか考えたい

その不動産を売却して現金にするか、それともその不動産を有効活用するかという判断基準として売った場合にいくらになるか、とお考えになる方もいらっしゃいます。
価格査定は無料ですので、遠慮なくお問い合わせ下さい。
また、ご希望があれば「このような方法はいかがですか?」というご提案もさせていただきます。

Q2.住みながらでも売れるの?

お住まいになったままで売却することはできます。売買契約をして、残代金を受け取って、所有権が移転する前日までにお引越しが終わっていれば良いです。
また、売却前に引越しできるのでしたら、室内をクリーニングするとか、リフォームをしてきれいにするのも、より高く売るためには良いと思います。


Q3.賃借人がいる場合は、出て行ってもらわなければならないの?

賃借人が住んでいる不動産の売買では、賃借人付きで売買することができます。
オーナー(賃貸人)が替わるのでオーナーチェンジと言っています。この場合購入するのは、家賃収入を見込んでいる投資家である場合が多いので、売却価格に対して家賃がいくら入ってくるかという利回りで検討します。
もちろん、賃借人と合意の上、明け渡しをしてもらって空室すれば住宅として売却できます。


Q4.傷んでいるけどリフォームをしないと売れない?

現況のまま、お引渡しすることを条件にすればリフォームする必要はありません。ただ、あまり傷んでいるより多少リフォームした方が売りやすくなりますし、高く売れる可能性は高いと思います。リフォームをするかどうか、などのご提案もさせていただきますので、売却に出す前に、ご相談ください。


Q5.家財がたくさんあるんだけど、このまま引き取ってもらえないか

家財がたくさんあると処分をするのは、大変だと思います。家財を残したままでも売却することもできます。弊社が買取っている物件は、家財をそのまま残して行かれる売主様も大勢いらっしゃいますが、仲介で売却をお考えでしたら、家財がない方が広く感じますし、できる限り家財は処分なさった方が良いと思います。

Q6.住宅ローンの借入が残っている

住宅ローンの残債がある場合は、所有権移転の日までに残債を返済できれば良いです。買主様から支払ってもらった物件の売却代金を返済に充てることもできますし、仮に不動産の売却代金より残債が多くても、お手持ちの現金を合わせて住宅ローンの完済ができれば問題ありません。住宅ローンを残したまま所有権を移転することはできません。借入金の返済について不安のある方はご相談ください。

Q7.どのくらいの期間で売れるのか?

仲介の場合には、買主様が現れなければ売却することができません。仲介で売却する場合のリスクの一つです。、もちろんより早く、より高く売却できるようあらゆる手段を使って販売活動を致します。販売活動の状況報告を1~2週間に1度はご報告するようにいたしますので、状況をご確認のうえ、ご相談させていただいております。また一定の期間販売して、売れなかった場合、私たちが買わせていただく買取保証という方法もあります。詳しくはご相談ください。


Q8.亡くなった両親の名義だけど、まずどうすれば良い?

亡くなったお父様、或いはお母様の名義の場合、まず相続登記をする必要があります。ご自身で手続きすることもできますが、そろえる書類が多くなりますので、登記の専門家(司法書士)に依頼する方がスムーズです。
司法書士のお知り合いがいらっしゃらなければ、私たちが普段お願いしている司法書士事務所をご紹介することもできますので、お申し付けください。相続登記が確実にできる状況になりましたら、販売をスタートします。

Q9.所有者が認知症で施設に入っているけど売れるの?

成年後見人を選任しなければ不動産の売却ができない場合もありますので、所有者様がそのような状態の場合は、ご相談ください。
成年後見人制度についても、ご説明いたしますし、成年後見制度を利用する手続きについてもご説明いたします。

Q10.消費税や売却した後に税金はどのくらいかかるの?

売却した場合に税金がいくらになるのかというのはケースによって異なります。
例えば、消費税については、ご自宅を売却する際には原則かかりません。また売却したときの税金については、「売却代金-売却に係った費用-購入代金-購入したときにかかった費用」に税率をかけます。税率も所有している期間によって異なります。詳しいお話を伺ったあとにどのような税金がかかるのかご説明しますが、課税される場合は税務署や税理士に相談するのが良いと思います。

Q11.借地権でも売れるの?

借地権という権利を、売却することができます。ただし、借地権の売却については土地所有者(地主)様の承諾を必要としている場合が一般的ですので、売却することや売却したときにかかる費用などを事前に確認しておいた方が良いです。私たちは売却のご依頼をいただいた後に、売主様と地主様との面談に参加させていただいて、お話しを伺うことがとても多いです。

 

売却相談

不動産売却の相談窓口として

1997年設立以来、20年以上に亘って北区で不動産売買の取引をしています。

ひとくちに不動産売却といっても様々なことがあります。
私たちはたくさんの経験から学んだことの一つ一つを活かしながら、お客様からお預かりした大切な不動産(資産)の売却活動に取り組んでいます。