不動産売却物語#001(前編) 築浅なのに、なかなか売れない戸建

公開日:

更新日:2018/06/09

カテゴリー: 不動産売却物語


2月の土曜日、日曜日を利用して建築条件付売地の現地販売を
しました。

土地は、2区画でそれぞれの土地に参考プランを入れて
新聞折込広告を入れました。

真冬に更地の現地販売をするのは、
初めてではありませんが、

その日は、風も強くて、寒かったです。

お客様としては、そんな寒い日に、わざわざ更地を見に行かなくても
日を改めて、暖かい日に見に行けば良いわけです。

2日目も終わりに近づいた頃
1台のオートバイが現地に到着しました。

その方(Aさん)は、ヘルメットを取ると、
「この2区画一緒に買えますか?」
 
Aさんは、近くにお住いの方で、
二世帯住宅を建てるために、広めの土地を探していたそうです。

話は、トントン拍子で進んで、
土地の売買契約をしていただき、
その後、建物の請負契約も終わりました。
 
実はAさんのご両親は、3年前にAさんのご家族と一緒に
住むために完全な二世帯住宅ではないまでも、1,2階で
  それぞれキッチンや居室が独立している戸建を建築していたのです。

Aさんにお子様が生まれたこともあって、
その家では、狭いと言うことで
 Aさんのご家族は、近くの賃貸住宅を借りて住んでいたので、
ご両親としても、また一緒に住んでくれるのなら、と
その家を売却することに同意されたのです。
    
 この次を見る>→


ライン@でも査定承ります。
友だち追加